高級プラチナマスク
プラチナマスクの分解除去の仕組み

エアープロットという技術

\ エアープロットとは?? /
01
エアープロットは、もともと窓ガラス塗布用に開発されたプラチナチタン触媒(液剤)施工で、特許取得・国土交通大臣認定済です
揮発性有機化合物を80%低減
ホルムアルデヒドの低減性能試験エアープロットは国土交通省大臣認定を取得するために様々な試験をクリアしました。
ホルムアルデヒド低減性能試験結果
02
プラチナ触媒を利用することで、紫外線が当たらない夜間などでも効果を発揮し、チタン触媒だけでは不可能な花粉・ハウスダスト・PM2.5などの有機化合物の分解作用を持ちます。
花粉の分解写真
エアープロットを塗布したガラスに花粉を置き、紫外線を照射。分解の様子を顕微鏡写真で撮影しました。
花粉の大きさは約30μm。肉眼では見えない大きさです。
1時間後、3000倍の電子顕微鏡で観察すると、花粉が分解された様子がわかります。
走査電子顕微鏡Tiny-SEM 倍率:3000倍
03
エアープロットの塗布後、形成される成分は二酸化チタン、プラチナ、シリカです。二酸化チタンは食品添加物で歯磨き粉やガムなどにも使用されている安全な物質です。
STEP.1

 

STEP.2

プラチナ触媒により、ホルムアルデヒドの結合が切られ、分解しバラバラな状態になり、プラチナ触媒表面に吸着します。

STEP.3

どんどん分解と吸着を繰り返していきます。
しかし、プラチナ触媒表面が吸着したもので覆われてしまうと効果がなくなってしまいます。

STEP.4

朝になり日が昇ると太陽から紫外線が照射されます。プラチナチタン触媒に紫外線が当たると空気中にある酸素【O2】を分解します。
分解された酸素が原子状の酸素【O】にします。

STEP.5

分解された酸素【O】は酸化力が強いため、プラチナチタン触媒に吸着されていた分子を酸化、水や二酸化炭素に変えます。

STEP.6

ステップ5によりプラチナ触媒表面に溜まっていた原子が離れ、表面が出てきます。すると再びプラチナ触媒がホルムアルデヒドを吸着分解します。日中は同時に酸素も分解し、酸化も一緒におこないます。

メディア情報
花粉症はアレルギーの一つです。
今までは原因物質である花粉やダニの糞をなくすことができませんでした。しかしプラチナ触媒とチタン触媒を組み合わせプラチナチタン触媒としてエアープロットが発明され、世の中に認められてから空気革命が起きました。 つらい花粉症、アトピー性皮膚炎、鼻炎、喘息、シックハウスから解放されたのです。
NHK、その他民放でエアープロットが紹介され、各種の展示会でも好評を博しています。
【高級プラチナマスク】お買い上げはこちら(楽天ショップ)
Page Top
Copyright © 株式会社メンテックカンザイ All rights reserved.